無垢材にこそ
フロアコーティングを!

天然素材の魅力を感じることができて人気が高い木材が「無垢材」です。1本の木から取っているので継ぎ目がなく、素足で歩くと天然の木材のぬくもりも伝わってきます。しかし、無垢材は柔らかい素材のため傷がつきやすく、水分を吸いやすいのでシミになりやすいのがデメリット。室内でペットを飼っているとアッという間に傷だらけになったり、糞尿がついたシミはなかなか取れません。滑りやすいために、お年寄りや子どもが歩くときにも踏ん張ってしまい足腰にも負担がかかるといったデメリットもあります。そのため、無垢材にこそフロアコーティングをして、デメリットを防ぎつつ、床を長持ちさせることをお勧めしたいのです。

ただし、無垢材に対してフロアコーティングを行う際にいくつかの注意点があります。無垢材にあうコーティングの素材やというものがあります。このサイトでは、それらの詳細についても紹介し、無垢材の良さを守りながら、過ごしやすい室内環境を整えるために必要な基礎知識を集めてみました。1回フロアコーティングをしてしまえば、簡単なお手入れだけで済むようになります。フロアコーティングを検討している方に、是非読んでもらいたい情報です。